絵描き「PLAYTHEHOPE」の日々。

大阪在住の絵描き・芸術家「PLAYTHEHOPE」が、絵描きとして食っていくために行う日々の活動・思考の記録です。

独りの「絵描き」の日常に花が咲いた話。(後編)



PLAYTHEHOPEです。

さて、後編です。

前回のあらすじ↓



polcaというアプリで支援を受け、PLAYTHEHOPE絵画展の衣装を買えることになった絵描き・PLAYTHEHOPE。


実の妹と買いに行くことになったのだが、妹はPLAYTHEHOPEが最もおそれる

「ガチのオシャレさん」だった!


はたして、

PLAYTHEHOPEは無事に衣装を買えるのか?無事におうちに帰ることができるのか?

参考記事↓
独りの「絵描き」の日常に花が咲いた話。(前編)
http://playthehope.hatenablog.com/entry/2017/08/15/233601


そして、買い物当日。

妹と、大阪・天満橋の「京阪シティモール」内にあるオシャレ激安服の聖地「GU」に向かいました。(こう書いてる時点で、オシャレIQ低いのがバレる…)

久しぶりなので、場所を確認。

迷いなく、GUのレディースフロアを抜け、メンズフロアにすすむ妹。

と、ここで妹から信じられない言葉が。



妹「今日はファッションについて、いつもより暴言・罵詈雑言・批判が増えるので、そのつもりで〜♪(悪魔のほほえみ)」


ぼく「え?」


ブツンっ!!・・・

ツーツーツーツーツー


みなさん、申し訳ありません。

ファッションモンスター・シスターの恐ろしさに、そこから先はほとんど記憶にございません。

ぜひ、ぼくの気持ちを

「忖度(そんたく)」

していただければと。


しかしっ!
ご安心ください!

買い物から帰ったあと、よくよくカバンの中をチェックしたら、森○学園や加○学園、稲○さんもビックリ!

「ファッションシスターメモ」

が出てきたのですっ!




(注!!以下、過激な発言が含まれます。ファッションセンスゼロの方は心臓にわるいので、ご注意を!)


(ファッションシスターメモより引用)
まず今日の服装が

全部ダサい

なんだ、そのハーフパンツは。変な柄が入っていて、

ダサい。

カバンが全然オシャレじゃない。肩掛けひもがねじれてる。はしゃぎすぎた小学生か!

ダサい。

そもそもカバンのひもが長すぎる。

ダサい。

ひもの長さ調整できないカバンは終わってる。

捨てろ。

だいたいお前、少しは痩せろ。ええ感じの服も、

スタイル悪いせいで、ひどく見える。ダサい。

おまえの腹が出ているせいで、ダボッと着れるシャツが全部ピチピチ、

台無し。

ウコン色じゃない、

これはカラシ色だ。ばかやろう。

お前が着ると、

ぜんぶ寝巻きに見える。
ブスやなぁ。(シンプル)
腹さえなければなぁ。(シンプル)

ははははははっ!(人の顔見て大爆笑)

引用終了


ううっ・・・涙で眼球が見えないっ・・・(←あたりまえ)



ほかにも、まったく記憶にございませんが、買い物中に撮ったであろう写真がスマホに残されていました!



(服選び中のPLAYTHEHOPEその1↓)



(服選び中のPLAYTHEHOPEその2↓)


え?
あれ?
う、







う、う、

浮かれてるぅゥウウーーっ!!!?

なんで!!

なんで??!

なにか良いことでもあったんでしょうか?




まったく記憶にございませんが、どうやら久しぶりの服の買い物なので、

ふつうにテンションが上がっていたようです。


さらに、まったく記憶にございませんが、

ファッションモンスターシスターの名言

を写真とともに少し。

名言①

妹「このTシャツかっこいいけど、ホ○ダの回しもんやと思われる。」
ホ○ダさん、ぼくは言ってません!妹が言ったんです!

あと大好きな会社です、ホ○ダさん。(←卑怯もの)




名言②


ぼく「このシャツ、好き!」
妹「ん、チェン?」
ぼく「いや、リーっっ!!!」


(以上、「ファッションモンスターシスターの名言集」より引用)



一部、記憶をなくしながら、小一時間悩んで、試着して、ぼくが購入したのがこちら。

灰色のシャレオツシャツ(1490円)

↑変な柄のハーフパンツは無視してくださいね♪

特売のシャレオツ伊達メガネ(290円)

税抜きでしめて、1780円なり!!

税込の領収書はこちら↓(消費税分は払いました)

ファッションモンスターシスターゴッド(←進化してる)のおかげで、個人的には、ものすごく良い買い物ができました!

polca で支援していただいた皆さん、改めてありがとうございます!!


ちなみに伊達メガネは買ってすぐに、かけてみました。

モノクロにすると、にじみでる明治時代の文豪感・・・
目つきヤバい・・・何コイツ・・・


衣装を買って、これで無事終了!

と思いきや、突如、妹が叫びました。



妹「しゃあないなっ!カンパでこのシャツ買ったるわっ!」


ぼく「え!マジですか?いいんですか?よろしいんですか??」




兄の数百倍、いや、数兆倍、オトコマエな妹。

モンスターとか恐ろしいとか、言ってごめんよ。

そりゃお兄ちゃん、敬語にもなりますよね。


画像、天使に変えとくね。みなさん、妹のイメージはこちらです。↓




ちなみに妹が買ってくれたシャツがこちら↓

白いシャレオツシャツ(990円)

いや、ハンガーにかけて、撮れや!
オシャレじゃないのは、そうゆうとこっ!

さらに、妹の心意気にほだされて、お金もないのに、ぼくも新しいハーフパンツを気合いで購入!!

イージーハーフパンツ(990円)


いや、だから、ハンガーっ!!!
あと、手ぇジャマっ!!!親指曲がって、なんか怖いっ!!!


こうして、無事に

「PLAYTHEHOPEが妹にシャツを買ってもらった日」は終了したのでした♪

(←いや、全然ちゃうやろっ!あと、語尾の♪マーク、なんか腹立つからやめろ!)


とにかく無事にPLAYTHEHOPE絵画展で着る衣装を、買うことができました。

この企画にお付き合いいただいた全ての皆さまに、感謝申し上げます。

最後に。


ここまで、ふざけた文体で書いてきた今回のブログですが、polca を使ってみて感じたことがいくつかあるので、まとめておきたいと思います。





polcaをやってみて①

孤独な日常に花が咲いた。

今年の4月に退職し、7月に個展開催のクラウドファンディングが終了し、今に至るまで、ぼくの日常に文化的な楽しみは、ほとんどありませんでした。

ものすごく燃えたのは、退職前に予約していたサンボマスター大坂城野音のみ。

教師時代はよく行っていた映画なんてもってのほか。以前は気軽に買えていた小説も、数百円のお金を毎月ためて、ようやく買える状態。(燃え殻さんの小説はそうやって買えました。)

そんな中で、行った今回の買い物。

結論としては、

めちゃくちゃ楽しかったっ!!!

もう、びっくりするほど楽しかったんです!!!!

単に1800円の買い物をしてるんじゃなくて、見知らぬ方からの期待・興味という後押しがあっての買い物。久しぶりに妹と対面で、コミュニケーションできる楽しさ。

やっぱり買い物っていいなぁ!服選びって楽しいなぁ!

って素直に思いました。

普通じゃない1年を過ごした分、

一般の人が普通に楽しんでることを、自分も楽しめたという事実が、こんなにうれしいのか!

polca を使ってみなければ、わからなかったと思います。


polcaをやってみて②

人の信用で得たお金はあたたかく、誇り高く、そして、生きる活力になる。

もう言いたいことは↑のタイトルどおりです。
(ちなみに上の画像は支援してくれたぼくの友人がくれた言葉です。)



ぼくはpolca を使う以前に、PLAYTHEHOPE絵画展のクラウドファンディングをやっていまして、

参考記事

「絵描きとして、人生で初めての個展を開催したい!」
https://camp-fire.jp/projects/view/31313?token=18vu33kt


このときは、直接支援ふくめて、10人の方から、総額60000円の支援を受けることができました。

それがどんなにありがたかったか。

ギャラリーのオーナーと交渉するとき、作品をつくるとき、宣伝するとき。

「自分は10人のありがたい期待でここにいる。絵描きにしてもらえたんだ。」という誇り高い気持ちが何度もぼくを支えてくれました。

今回のpolca でも同じことを感じました。

今回、支援していただいた方のあたたかい言葉に何度涙ぐんだか。

(リターンのことでメッセージしたときも)


ちゃんとみなさん、ぼくのヘンテコなリターンを楽しんでくれてるんですよ!

ありがたすぎる!!

だから、ぼく自身も

今回の買い物も1つのエンタメとして楽しもう、ブログを書いて楽しんでほしい、

と考えていました。


ぼくは病気になってから、誰も信用できない時期が長く続きました。

休職した自分を、同僚はきっと悪く言ってる、生徒は全員おれをクズ扱い、家族もおれがジャマなんだ。そう思って苦しみました。

退職してからも少し残ってたんです、そういう感情。

でもね。

クラウドファンディング始めてみたら、

「わたし、あんたのことはよく知らないけど、何かやってくれそうだから、支援するよ。」

そういう方が何人もあらわれました。

ハッキリ言って、

見ず知らずというだけでも、パトロンの立場から見れば、リスクの方が勝つはずです。

でも、ぼくがプロジェクト本文に込めた想いを読み解って、

それでも「支援」という選択をしてくれた人の存在がぼくを勇気づけてくれました。

だから、世界ぜんぶをキライになる必要はないって、本気で思いました。



polca というアプリは、きっと支援している人たちの優しさで支えられています。

がんばれば、見ている人は必ずいる。

これをアプリとして具現化したのが、polca なんじゃないかな。


polcaをやってみて③

誰かの幸せを応援したくなった。

「夢」じゃなくて

「幸せ」を応援したい、というのが自分の中でのポイントです。

夢はとても大きな花。咲かせるにも時間がかかる。

けど、幸せなら、少し水を注げば、一気に成長する。

polca のポイントの1つは、これだと感じました。



ぼく自身、自分が1800円のお金で、これだけ幸せな時間を過ごせた分、

今度は別の誰かに同じ気分を味わってほしい

とpolca で支援をいただいてから、思うようになったんです。

こんなツイートまでしちゃってます。

さらに、直後のツイート。

コンビニに走り、なけなしのお金で2000円分のVプリカを購入。


そして、ぼくを支援してくれた方へのお返しをいくつかと、坂爪圭吾さんのブログで知ったTPD48のすながわたくやさん、

みかさんとリアル潜入ゲームデートをしたい #polca
https://polca.jp/projects/pjaK9EJkcHU

polcaでおそらく初の10万円越え支援を達成したブロガーのあずさん、

劣悪な作業環境から抜け出すために、iPad Proを買いたい、欲を言えばApplePencilとSmartKeyboardも欲しい。 #polca
https://polca.jp/projects/eSfnpIIH27U


など、いくつか支援させていただきました。

「見ず知らずの誰かの幸せを願う」

なんて、歌でしか言えないようなことを、実際の形にしてくれるpolca はマジですごいです!



polcaをやってみて④

誰かに渡した優しさは、優しさとして、思いもかけない方向から自分に返ってくるんじゃないか説。polca はあくまで補助ツール。やはり人と直接会う環境をつくるのが大事!

実体験として、クラウドファンディングをやったとき、知り合いから支援をもらうこともあったんですが、「なんで支援してくれたんだろう?」と考えたとき、

「過去に自分がやった行動」

が、影響していることに気づきました。


優しさを渡したら、そのまま返ってこないけど、思いもよらない方向から、ある日返ってくる。

クラウドファンディングをやって、ぼくが気づいた法則です。

インターネット上だけでなく、

いかに自分の身近な人に楽しんでもらうか、無償の優しさを直接手渡すか

は、将来、自分が本当に困ったときに守ってくれるセーフティネットになるんだなと感じました。



polcaをやってみて⑤

信用を得るための、「発信」の重要性に気づいた。

今回、ぼくがpolca で見ず知らずの方から支援を受けることができたのは、もちろん自分の力だと思っていません。

CAMPFIREの代表・家入一真さんがいち早く支援していただいたおかげで、

家入さんの「信用」の力をきっかけに、引き上げてもらえたんです。


ぼくのツイッターのフォロワー数は現在、156人、Instagramは1882人です。(2017年8月17日時点)


ということは、

まだ2000人しか、ぼくの活動を知らないということになります。

(もちろんフォローしてるだけで興味ない人もいるので、実際は半分以下)

(参考)
PLAYTHEHOPE Instagram
https://www.instagram.com/playthehope

PLAYTHEHOPE ツイッター
https://mobile.twitter.com/playthehope

ぼくの場合は「絵描き」なので、

創作している作品、自分が創作のとき考えていることを、もっと「発信」していかなくてはならない

と感じました。

どういう方法をとっていくかは、今回のPLAYTHEHOPE絵画展が終了したら、自分の中で、ひとつの方向性が見えてくるんじゃないかと考えてます。

VALUやブログをもっと本格的にしてみようかなぁ。

というわけで、長くなりましたが、今回のブログはこれでおしまいです!

重ねてになりますが、

今回PLAYTHEHOPEのpolcaでの企画を支援いただいた皆さま、この記事を読んでくれた皆さま、本当にありがとうございました!

では、また次回のブログで。