絵描き「PLAYTHEHOPE」の日々。

大阪在住の絵描き・芸術家「PLAYTHEHOPE」が、絵描きとして食っていくために行う日々の活動・思考の記録です。

独りの「絵描き」の日常に花が咲いた話。(前編)


PLAYTHEHOPEです。


久しぶりに更新するブログです。
そして、PLAYTHEHOPE絵画展7日前です。

参考記事
「絵描きとして、人生で初めての個展を開催したい!」
https://camp-fire.jp/projects/view/31313?token=18vu33kt

皆さん、ぜひお越しください。



さて、昨日は、実の妹と一緒に

PLAYTHEHOPE絵画展で着る衣装を買いに行きました。

京阪シティモールのエスカレーターにて、妹↓

きっかけは、数日前にリリースされたばかりの
アプリを始めたことです。


https://polca.jp/

polca(ポルカ)。

なんと牧歌的なひびき。

polcaは、PLAYTHEHOPE絵画展のクラウドファンディングでお世話になった、CAMPFIREさんがリリースされた新作アプリです。

少額支援(最低300円から)が可能なミニクラウドファンディングのようなもので、投げ銭感覚で支援ができるため、クラウドファンディングとしてのハードルがめちゃくちゃ低い!

だから、色んな人を応援したくなる罪なシステム!

少額支援ならではの企画を考えるのも、めちゃくちゃ楽しい!


ということで、ぼくもリリース直後から、さっそくダウンロード。試しにいくつか企画を立ててみたりしました。



色んな企画を立ててみてはボツにしながら、ぼくが最終的に行き着いた企画がこれ↓

PLAYTHEHOPE絵画展で着るオシャレな衣装を買いたいです!衣装まで気が回ってませんでした!(>人<;) #polca

https://polca.jp/projects/PfhR10pgbPc


「自分で買えや!」の一言で済まされそうな企画ですが、個展直前で、衣装まで回すお金はなく、悩んだ末のリリースでした。




自分で言うのも何ですが、

ヘンテコなリターンも用意しました。

こちら↓

いや、何やねん!大阪市内って限定すな!

お金無いこと丸バレやないかっ!

で、郵送できるんかいっ!
なら、最初からそう書けや!

と自分内ツッコミをはさみつつ、どうにかリリース。



そして、リリース直後。

なんと

家入一真さんに支援いただくという奇跡!

家入さんは、PLAYTHEHOPE絵画展のクラウドファンディングでもご支援いただいてます。
なんちゅう優しい人なんや…。

家入さんをきっかけに、そこから様々な方に支援いただくことに。

モッコメリアンさん、

papachiさん、usksatoさん、さとたくさん、

yoshimatsuさん、

本当にありがとうございました!


最終的に6人の方に1800円の支援いただき、PLAYTHEHOPE絵画展まで時間がないこともあり、はやめに企画を締め切らせていただきました。

と、ここで、1つの問題が。

ないっ!!

ないっ!!!

どこを探しても




自分のファッションセンスが、ないっ!!!

オシャレに気を使ってこなかった人生。

そもそも、

「オシャレ」ってなんや?


もしクソダサい衣装買ってもうて、

「PLAYTHEHOPEとか言うヤツ、クソダサい、ワロタwww」

とか

「フォロー外から失礼します。あなたの服をファッション業界ではオシャレとは言いません。支援者全員に謝罪してください。」

とか言われたら、生きていけない!

どうすんの!?どうなんの!!?



アイツ?

アイツって誰!?



・・・・あっ!!


ということで、冒頭にタイムスリップ。

昨日は、実の妹と一緒に

PLAYTHEHOPE絵画展で着る衣装を買いに行きました。

京阪シティモールのエスカレーターにて、妹↓

ぼくの妹は6歳年下で、学校の先生をしているのですが、在職中・休職中も、そして、退職後も何かとぼくをはげましてくれました。

(6月のクラウドファンディング開始直後のLINE)

去年の年末、居酒屋で絵を描いてるって、明かしたとき、妹が「ええやん、すごいやん!」って喜んでくれたから、翌年の1月に1000枚描き終わるまでやりきれたなぁ・・・(遠い目)

(6月のクラウドファンディング開始直後のLINEその2)


買い物前日、妹からのLINEの返信がとどき、
そんな思い出がどこかにふっとびました。

あまりのガチなオシャレさんの圧力に、おびえるぼく。

そして、このLINEをきっかけに、オシャレセンスゼロなぼくは、買い物当日、

妹のおそろしい一面を垣間見ることになるのでした。

このブログ、まだまだ続きます。

【独りの「絵描き」の日常に花が咲いた話(後編)】に続く。