絵描き「PLAYTHEHOPE」の日々。

大阪在住の絵描き・芸術家「PLAYTHEHOPE」が、絵描きとして食っていくために行う日々の活動・思考の記録です。

空と、白と、種。〜PLAYTHEHOPE創作論

こんにちは、PLAYTHEHOPEです。

白い紙に、

水色・空色で線を引いて、

少しずつ他の色を足していくときって、なんて心癒されるんだろう。

この瞬間を味わうたびに、また次を描きたくなってしまう。

絵描きの病かもしれません。


【1000枚の絵の完成】を目標に描き始めた去年2016年の4月。

同時に自分の創作テーマも決めました。



描き始めた当初、自分で決めたはずの100万人という数にあせりすぎて、1枚の絵に描く顔を「とにかく多くしよう」と必死になっていました。



初期の作品を今見返すと、いかに自分があせっていたかよくわかります。

いくつか、プレイバック。


作品No.0090

作品No.0155

作品No.0221


うん、めちゃくちゃあせってる。
はやく・はやく・より多く、って怨念めいたものすら感じます。

でも、それがPLAYTHEHOPE作品の謎の迫力にもなってるんだよな。むずかしいところ。

今は初期のあせりエンジンは積んでません。



創作が700枚を超えたあたりから、絵に「空白」をつくることを恐れなくなりました。

作品No.0704

作品No.0741

作品No.0792

作品No.0892

作品No.0914




自分の描く顔の線が定まってきたのもあるし、とにかく

70点だろうが、100点だろうが、何がなんでも完成させてやる!

という気概が生まれたからだろうと思います。

要するに、

描くことに緊張しなくなった。

近作でいうと、これとか、

作品No.1345


あと、これとかですね。

作品No.1359

最近は、完成が近づくと、

「これで完成!最高やん!」

というかすかな声が脳内にひびくようになってきました。

これもきっと

「数」を描いてきたから

だと感じます。


横尾忠則さんがツイッターでおっしゃっていたように、まだ、

自分の中には世に出ていない絵の「種」がたくさん眠っている。

それは産まれていないので、とうぜん「空(くう・から)」であり、しかし、起点となる「白い紙に描くしばりがある」という意味では、創作の始まりは定まっている。

つまり、

産み出される準備はととのっている。

僕の場合は、10000枚完成をとりあえずの目標にしているので、あと 8610枚の

「種」が自分の中に眠っていることになる。


ブログ冒頭の、水色を引く際のわくわくして癒される感じの理由は、産まれるぞーという「種」たちの予告だからじゃないでしょうか。




そんなことを考えていたところ、

ふと、

「じゃあ、なぜ自分は人の顔を描くんだろう?」

と疑問に思いました。

そこで感じたことを連投ツイート。


これで、自分の「創作衝動の理由」が完全解決されたわけではありませんが、一つの方向は見えたかなと考えています。

まだまだ先は長いし、これからも自分の内側を追求していこうと思います。

絵描きとして。創作者として。芸術家として。



最後にお知らせです。

まもなく、多くの方に支援いただいた、ぼくの初個展「PLAYTHEHOPE絵画展」が始まります。夏休みの最後は、ぜひ皆さまPLAYTHEHOPE絵画展へ!

「PLAYTHEHOPE絵画展」

2017年8月22日(火)〜27日(日)各回すべてAM12:00〜PM19:00 開催場所 ミライエギャラリー(大阪市中央区上本町西2丁目6-22・地下鉄谷町線谷町六丁目」駅3番出口から1分)お問い合わせ 06-6765-5923

PLAYTHEHOPEの全作品はインスタグラムで見られます。ぜひフォローしてください。

PLAYTHEHOPE Instagram

https://www.instagram.com/playthehope/

では、また次回のブログで。